せっけんシャンプーブログ

せっけんシャンプーとは何ですか?

 

せっけんシャンプーはとりあえず成分表示を見るとはっきり区別できます。

 

 

製品の裏を見てみると、主成分としてせっけん素地やせっけん分・脂肪酸カリウム・脂肪酸ナトリウムと明記されている場合にはせっけんシャンプーだと判断できます。

 

297392

 

 

そして、せっけんシャンプーの良い点としては、

 

分解しやすく使用後に地球に戻りやすいこと・洗い上がりがサッパリしている・天然原料で無添加といったところでしょう。

 

デメリットとしては、髪がきしみやすく手触りがサラサラにはならないこと、成れるまでに数か月かかることも。

 

 

こういった感じです。

 

 

私自身も5年くらいせっけんシャンプーを使いましたが、上記に書いた事柄を身をもって体験しました。

 

 

私の場合は使用感よりも原料で選び、できるだけ身体に良い、環境に良いものを使いたいという理由から石鹼シャンプーを使い始めました。

 

 

そして、髪が慣れてくると、確かにまとまりが出てきて、頭皮も改善されていきました。

 

 

でも、1日経つと頭皮が皮脂でベタベタになりやすかったので、脂性の人には向いていないのかもしれません。

 

 

いろいろ頭皮の性質によって向き不向きがあるので、まずは自分で使ってみて合うかどうかを決めてみるのが良いでしょう。

 

 

いろいろ悩み過ぎると、何が正しいのかよくわからなくなっていきますので、ネットの情報よりも本を買って読む方がまた正確性が高いと思われます。

 

 

 

最後にまとめると、せっけんシャンプーとはアルカリ性のせっけん成分でできたシャンプーだということです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

p.s  髪と同じく洗顔にも気を遣う方は多いと思いますが、洗顔料でおすすめなのはルアンルアンの製品です。

詳しくはルアンルアン生せっけんの口コミサイトでチェックしてみてください!


せっけんシャンプーで抜け毛は減る?

 

私は、抜け毛が気になりだしてから石鹼シャンプーに変えました。

 

でも結論から言うと、それで抜け毛が著しく減ったか?というと何とも言えないのが現実です。

 

 

当時はAGA治療薬を飲みましたからもちろん髪の毛が生えてきたのですが、せっけんシャンプー単独で抜け毛は減るのかと聞かれればよくわからないのが現実です。

 

297392

 

ただ、少なくとも市販で売っている安い有名なシャンプーを使うよりかは安全ですし、頭皮にダメージを与えなくて済むのは確かです。

 

やはり、抜け毛の要因は特に男性ホルモンのDHTが主に関係しているので、どんなシャンプーを使おうと、基本的に清潔を保つことができれば、あとはどのようにAGAの原因となっている男性ホルモンを取り除くべきなのか、どのように毛母細胞をしげきするべきなのか、ということに注力したほうが良いでしょう。

 

 

だからといって、何度も言いますが、せっけんシャンプーは頭皮に良いことは間違いないので、採用してもいいと思いますよ。

 

 

むしろ、それよりもアミノ酸シャンプーを使い頭皮と同じ成分のシャンプーを使い親和性を高めることは大事だと思いますが。

 

 

せっけんシャンプーは必要最低限の成分でなっているシャンプーなので、個人的には敏感肌の人には向いていると思います。

 

 

いずれにしても、身体に負担をかけるものではないので、まずは半年間使ってみて様子を見てみるのはどうでしょうか?

 

使う季節によっても抜け毛はとても影響を受けますので、公正に物事を推し量るために1年間使用したほうが良いのかもしれません。

 

 

 

抜け毛を減らすために一番大切なのはシャンプー選びだけでなく、その他にもたくさんありますので、まずは抜け毛が減っている理由を自分でつきとめるようになりましょう。


せっけんシャンプーはなぜ環境に良いのか

 

簡単にいえば、生分解性が高いので、微生物によって分解されやすく、土に還元されやすいからです。

 

 

 

防腐剤や着色料など人工的なものが入っているとなかなか分解されにくく、使った後に残留しやすくなりますが、せっけんシャンプーにはそうしたものが入っていませんので、地球にも優しく、肌にも優しいというわけです。

 

 

297392

 

 

 

なので、肌が弱いかたであったり、安全志向の人、環境重視の人はこぞってせっけんシャンプーを使っているというわけです。

 

市販されているシャンプーなどには発泡剤が入れられていて、泡立ちが良いので洗い心地が良いという安心感を与えますが、あれも実はなかなか分解されにくいものです。

 

 

 

80年代くらいまで、日本でも生活排水を小川にたらい流しするようなところが多くありましたが、そうした小川はあっという間にあぶくだらけになり、魚がすめなくなってしまったことを覚えておられる方もいるでしょう。

 

 

でも、せっけんシャンプーにはそうした人口的な発泡剤がありませんので、環境にも良いわけです。

 

お湯で簡単に洗い流されて簡単に薄まって簡単に分解され、地球に戻されます。

 

 

ちなみに、人間を形作っているすべての元素も土に含まれる元素にすべて含まれています。

 

 

土から生えてきた米を食べ、土から生えてきた植物を食べて成長した牛や豚酸などの肉を食べているわけなので、結局はすべて土と同じもので私たちもできているのです。

 

なので、地球にやさしいもので身をケアすることは最前の選択になるわけですね。

 

いずれにしてもそうした点でせっけんシャンプーは理想です。

 


せっけんで髪を洗うとハゲる?

 

せっけんと言うと手を洗うハンドソープを思い描きやすいかもしれませんが、もしそうした製品で頭を洗うことにすれば確かに頭皮にはかなりダメージを与えかねません。
297392
というのは、市販されている簡単に手に入るせっけんには界面活性剤と言われる洗浄力の強い成分が含まれているからです。
とてもサッパリした洗いごごちなので、それで頭を洗いたくなる気持ちもわかりますけど、髪を守りたいのであれば良い選択肢とはなりません。
また界面活性剤を使うと皮膚バリアを壊してしまう副作用もあるのでよくありません。
いろいろ副作用がありますので、髪を気にしている人はせっけんで洗うのは避けましょう。
他の人がせっけんで洗っても髪がボーボーだから自分も大丈夫だと思って使ってはいけません。
きっとご自身でもおわかりだと思いますが、髪の毛を気にされているということは、すでに薄毛が進行しはじめた段階ですし、髪の毛がたくさん生えている人の体質とは全然違うわけですから、髪が生えている人の習慣を真似しても逆効果になることもあります。
頭皮はアミノ酸でできていますから、同じ成分でできているアミノ酸シャンプーなどで洗うのが良いでしょう。
それが安全です。
せっけんで洗っていると、必要な皮脂まで根こそぎ取ってしまったりして、結果毛周期にも影響を与えてハゲてしまうかもしれません。
ただ、せっけんといってもせっけんシャンプーと名前がついた髪専用のせっけんもありますので、そうしたものを使ってシャンプーする分には全く問題ありませんので勘違いをされないでくださいね。

せっけんシャンプー使った感想

 

私は以前はよくTVCMしていた製品を使ってシャンプーや洗顔をしていました。

 

297392

 

でも、それらの成分をよく調べてみると、ろくに良いものを使わず、安価で皮膚にダメージを与えやすいものがはいっていることがわかったので、使うのをやめました。

 

で、いろいろ調べてみたら、余計なものをとことん取り除いた単純な成分のせっけんシャンプーにたどり着きました。

 

それから5年くらいずっとせっけんシャンプーを使ってみたので、その感想について書いてみたいと思います。

 

せっけんシャンプーは良くも悪くもフツーな感じがするのが特徴です。

 

 

なので、せっけんシャンプーを使い始めた時はあまり慣れず、ちゃんと洗えているのかなぁと不安になったりしていました。

 

使い心地も良いわけではなく、どちらというと、発泡剤が少ないため泡立ちもあまりよくありません。

 

自然に近いモノだけでなっているので、人口的な肌触りに慣れてしまった私には物足りなさを感じました。

 

でも結局、そういう経験を経てしばらく経てば、今度はそうした洗い上がりが当然になってきます。

 

そして体にも良く感じてきて、最終的には以前使っていた製品よりも健康体でいられるようになりました。

 

値段も安いですから、色んな意味で好転していきました。

 

副作用とかのリスクも考えなくていいので、その辺も心理的な不安を抱えなくてよく助かっています。

 

まとめると、せっけんシャンプは地味な使い心地ですが、身体にもお財布にも環境にも良いということです。